70指輪物語の最高の引用

沿って ロバート・ミラコビッチ /2021年2月8日2021年4月15日

私たちはあなたに史上最高の70の指輪物語の引用をもたらします。 J.R.R.トールキンの世界 中つ国 何年にもわたって私たちにいくつかの素晴らしい引用を提供してきました、そしてあなたはそれらをここで見つけることができます。

指輪物語の最高の引用

完了するまでに最も時間がかかるため、これは決して開始されない仕事です。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

しかし、結局のところ、それは通過するもの、この影にすぎません。闇さえも通過しなければなりません。



–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

それは体の強さではなく、精神の強さです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

復讐と復讐を共にすることは無意味です:それは何も癒しません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

彼らは賞賛されていないので、行為はそれほど勇敢ではありません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

どんなに小さな人でも歴史の流れを変えることができます。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

この世界には良いものがあります、フロドさん…そしてそれは戦う価値があります。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

狩猟された男は時々不信感にうんざりし、友情を切望します。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

しかし、それはしばしば世界の車輪を動かす行為の過程です:偉大な人の目が他の場所にある間、小さな手は彼らがしなければならないのでそれらをします。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

こんなに小さなこと…こんなに小さなことに対して、私たちが多くの恐れと疑いに苦しむのは奇妙な運命です。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

それが何であるかを知るために物事を壊す彼は、知恵の道を去りました。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

私たちが決定しなければならないのは、私たちに与えられた時間で何をするかです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

生きている多くの人は死に値します。そして、死ぬ人の中には命に値する人もいます。あなたは彼らにそれを与えることができますか?それなら、裁きで死を処理することに熱心になってはいけません。非常に賢い人でさえ、すべての終わりを見ることができないからです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

世界のすべての潮流をマスターするのは私たちの役割ではありませんが、私たちが置かれている年の成功のために私たちの中にあることを行い、私たちが知っている分野の悪を根こそぎにし、後に生きる人々がまできれいな地球。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

多くは世界の奇妙なチャンスであり、賢者が衰弱したとき、しばしば弱者の手から助けが来るでしょう。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

やけどを負った手が一番教えてくれます。その後、火についてのアドバイスが心に響きます。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

道が暗くなると別れを告げるのは不信心です。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

暗闇の中での苦痛は私が恐れていた危険であり、それは私を妨げませんでした。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

知るか?忍耐を持ってください。あなたが行かなければならないところに行き、そして希望しなさい!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

それは絶望ではありません。絶望は疑いの余地なく終わりを見る人々だけのためです。私たちはしない!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

たぶん、あなたがそれぞれ踏む道は、あなたがそれらを見ていなくても、あなたの足の前にすでに敷かれているでしょう。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

記憶は心が望むものではありません。それはただの鏡です。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

それは危険なビジネスです、フロド、あなたのドアを出て行きます。あなたは道路に足を踏み入れます、そしてあなたがあなたの足を維持しなければ、あなたがどこに流されてしまうかもしれないかわかりません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

三つの指輪-空の下の王、
石のホールにいるドワーフの領主のために7つ、
死ぬ運命にある死すべき男のための9、
彼の暗い王位にあるダークロードのための1つ
影が横たわるモルドールの地で。
それらすべてを支配する一つの指輪、それらを見つけるための一つの指輪、
それらすべてをもたらす一つの指輪と暗闇の中でそれらをバインドします。
影が横たわるモルドールの地で。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

ピッピン:このように終わるとは思いませんでした。

ガンダルフ:終わり?いいえ、旅はここで終わりではありません。死はただの別の道であり、私たち全員がとらなければならない道です。この世界の灰色のレインカーテンがロールバックし、すべてが銀色のガラスに変わり、それを見ることができます。

ピッピン:なに?ガンダルフ?何が見えますか?

ガンダルフ:白い海岸、そしてその向こうには、急な日の出の下にあるはるかに緑豊かな国。

ピッピン:まあ、それはそれほど悪くはありません。

ガンダルフ:いいえ。いいえ、そうではありません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

家は後ろにあり、世界は前にあり、
そして踏むための多くの道があります
影を通して夜の果てまで、
星がすべて降りるまで。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

持っている人 本を読む 、またはとにかくそれをレビューしたところ、それは退屈、ばかげている、または軽蔑的であることがわかりました。私は彼らの作品や彼らが明らかに好む種類の文章について同様の意見を持っているので、文句を言う理由はありません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

すべてが順調に終わります。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

私はヒーラーになりたいです、そして成長し、不毛ではないすべてのものを愛しています。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

私は年をとっています、ガンダルフ。見ていませんが、心の中で感じ始めています。確かに保存状態が良いです!なぜ、私が何を意味するかを知っているなら、私はすべて薄く、一種の伸びを感じます:あまりにも多くのパンにこすり落とされたバターのように。それは正しくありえません。変更か何かが必要です。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

年老いた妻の話に注意を払ってください。賢者がかつて知る必要があったことを彼らだけが記憶に留めているのかもしれません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

人生があるところには希望があり、弱虫の必要性があります。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

フロド:指輪が私に来なかったらよかったのに。私はこれが起こらなかったらよかったのに。
ガンダルフ:そういう時代を見るために生きるすべての人もそうですが、それは彼らが決めることではありません。私たちが決めなければならないのは、私たちに与えられた時間をどうするかということだけです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

そして、忘れてはならないものがいくつか失われました。歴史は伝説になりました。伝説は神話になりました。そして、2年半の間、リングはすべての知識から消え去りました。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

狩猟された男は時々不信感にうんざりし、友情を切望します。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

葉は長く、草は緑で、
ヘムロック-背が高くて公平な散形花序、
そして空き地に光が見られました
きらめく影の星の。
ティヌビエルはそこで踊っていた
見えないパイプの音楽に、
そして、星の光が彼女の髪にありました、
そして彼女の衣服にきらめきます。

そこにベレンは寒い山から来ました、
そして失われた彼は葉の下をさまよった、
そして、エルフの川が転がったところ。
彼は歩きながら悲しみました。
彼はヘムロックの葉の間をのぞき込んだ
そして不思議な金の花を見た
彼女のマントと袖に、
そして彼女の髪は影のように続く。

エンチャントは疲れた足を癒しました
丘を越えて歩き回る運命にあった。
そして、彼は急いで、強​​く、艦隊、
そして、きらきらと輝く月光を握りしめました。
Elvenhomeの織られた森を通して
彼女は踊る足で軽く逃げました、
そして彼を孤独に残して歩き回った
静かな森で聞いています。

彼はそこで飛んでいる音をよく聞いた
リンデンの葉のように軽い足の、
または地下に湧き出る音楽、
隠れたくぼみで震えています。
今枯れたヘムロックシーブを置き、
そしてため息の音で一つずつ
ささやきはブナの葉を落としました
冬の森の中で揺れています。

彼はずっと彼女を探し、遠くをさまよった
何年にもわたる葉が厚く散らばっていたところ、
月の光と星の光線によって
凍りつくような天国で震えています。
彼女のマントルは月にきらめき、
丘の頂上と遠くのように
彼女は踊り、足元に散らばっていた
震える銀の霧。

冬が過ぎると、彼女はまた来ました、
そして彼女の歌は突然の春をリリースしました、
ヒバリの上昇と雨の降るのように、
そして、溶ける水が泡立ちます。
彼は11本の花の春を見ました
彼女の足について、そして再び癒された
彼は彼女に踊って歌うことを切望していました
草のトラブルに。

再び彼女は逃げたが、彼はすぐに来た。
ルーシエン!ルーシエン!
彼は彼女をエルフの名前で呼んだ。
そしてそこで彼女は聞くのをやめました。
ある瞬間、彼女は立ち、呪文を唱えた
彼の声が彼女にかかった:ベレンが来た、
そして、運命はティヌビエルに落ちました
それは彼の腕の中にきらきらと横たわっていた。

ベレンが彼女の目を覗き込んだとき
彼女の髪の影の中で、
空の震える星明かり
彼はそこに鏡のようにきらめくのを見た。
ルーシエンのティヌビエル、
不滅の乙女エルフ、
彼について彼女の影の髪をキャスト
そして、銀色にきらめくような腕。

彼らが退屈した運命は長いものでした、
石の多い山々は寒くて灰色で、
鉄のホールと暗いドアを通って、
そして、明日のナス科の森。
それらの間の雷の海は横たわっていた、
そしてついに彼らはもう一度会った、
そしてずっと前に彼らは亡くなりました
森の中で悲しみのない歌を歌います。

腐肉の支配者、ファウル・ドウィマーライク、ベゴネ!死者を安心させてください!

冷たい声が答えました。「指輪の幽鬼と獲物の間に来ないでください!または彼はあなたの順番であなたを殺さないでしょう。彼はあなたを嘆きの家に連れて行き、すべての暗闇を超えて、あなたの肉はむさぼり食われ、あなたのしわが寄った心はふたのない目に裸のままにされます。

刀を抜くと鳴りました。あなたがすることをしなさい;でも、もしよければ、邪魔します。

邪魔?あなたはばかです。生きている人が私を邪魔することはありません!

それからメリーはその時間に最も奇妙なすべての音を聞いた。ダーンヘルムは笑っているようで、澄んだ声は鋼鉄の輪のようでした。しかし、生きている人は私ではありません!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

ここは何も好きではありません。フロドは言った、階段か石か、息か骨か。地球、空気、水はすべて呪われているようです。しかし、それで私たちの道は築かれました。

はい、そうです、とサムは言いました、そして私たちが始める前にそれについてもっと知っていたなら、私たちはここにいるべきではありません。しかし、それはしばしばそのようだと思います。昔の物語や歌の勇敢なもの、フロド氏は、私がそれらを呼んでいたように、冒険します。私はそれらが物語の素晴らしい人々が出て行ったものだと思っていましたそして
あなたが言うかもしれないように、彼らが彼らを望んでいたので、彼らが刺激的で、人生が少し鈍い、一種のスポーツだったので、探しました。しかし、それは本当に重要な物語や心に残っている物語のやり方ではありません。フォークはちょうど彼らに上陸したようです、あなたがそれを置くように、通常彼らの道はそのように置かれました。しかし、私たちのように、彼らには引き返すチャンスがたくさんあったと思いますが、そうではありませんでした。そして、もし彼らが持っていたとしても、彼らは忘れられていたので、私たちは知るべきではありません。私たちはそれらについてちょうど進んだように聞いていますが、すべてが良い結果に終わっているわけではありません。少なくとも、ストーリーの内側でも外側でもない人々が良い終わりと呼ぶものには。ご存知のとおり、家に帰って、問題なく物事を見つけることができますが、まったく同じではありません。古いビルボ氏のように。しかし、それらは着陸するのに最適な物語かもしれませんが、必ずしも聞くのに最適な物語ではありません!どんな話に陥ったのかしら?

フロドは言ったのかしら、でもわかりません。そして、それは本当の物語の方法です。好きな人を連れて行ってください。ハッピーエンドかサッドエンドか、それがどのような物語であるかを知っているか推測するかもしれませんが、その中の人々は知りません。そして、あなたは彼らにそうさせたくありません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

男たちの戦いについてのサムの最初の見方であり、彼はそれをあまり好きではありませんでした。彼は死んだ顔が見えなくて良かった。彼はその男の名前は何で、どこから来たのか疑問に思いました。そして、彼が本当に心の悪であったか、または嘘や脅威が彼を彼の家からの長い行進に導いたかどうか。そして彼がむしろ平和にそこにとどまりたいのなら。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

しかし、結局のところ、それは通過するもの、この影にすぎません。闇さえも通過しなければなりません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

世界は確かに危険に満ちており、そこには多くの暗い場所があります。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

海へ、海へ!白いカモメが泣いています、
風が吹いていて、白い泡が飛んでいます。
西、西に離れて、丸い太陽が沈んでいる、
灰色の船、灰色の船、彼らが呼んでいるのが聞こえますか、
私の前に行った私の人々の声?
私は去ります、私は私を産んだ森を去ります。
私たちの日々は終わり、私たちの年は失敗しています。
孤独な航海で広大な海を渡ります。
ラストショアの波は長いですが、
ロストアイルの呼びかけの声は甘いです、
エレセアでは、誰も発見できないエルヴェンホームで、
葉が落ちないところ:私の民の土地は永遠に!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

他の誰かが常に物語を続けなければなりません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

この世界のすべての年齢に一人で立ち向かうよりも、あなたと一生を過ごしたいと思います。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

優しい心の賜物である哀れみを軽蔑しないでください、エオウィン!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

ダークロードにはナインがいます。しかし、私たちには、彼らよりも強力な1つ、ホワイトライダーがいます。彼は火と深淵を通り抜けました、そして彼らは彼を恐れるでしょう。彼が率いるところに行きます。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

彼の古い人生は霧の中に横たわり、暗い冒険が目の前に横たわっていた。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

彼は山が好きだった、あるいは遠くから運ばれた物語の端で山が行進するという考えが好きだった。しかし今、彼は中つ国の支えられない重さに耐えられました。彼は火事で静かな部屋の広大さを締め出すことを切望していました。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

これは、アラゴルンのような高貴な空気が時々明らかになり、おそらくそれほど高くはないが、計り知れないほど遠く離れたものでした:後の時代に生まれたが、エルダーレースの知恵と悲しみに触れた男性の王の一人。彼は今、ベレゴンドが愛を込めて自分の名前を話した理由を知っていました。彼は、黒い翼の影の下でさえ、男性が従う、従うであろう船長でした。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

私は葉、金の葉を歌いました、そしてそこで金の葉が成長しました:
私が歌った風のうち、そこに風が来て、枝に吹いた。
太陽を越えて、月を越えて、泡は海の上にありました、
そして、イルマリンの鎖によって、そこに黄金の木が成長しました。

エルダマールのエバーイブの星の下で、それは輝いていた、
エルフのティリオンの壁の横にあるエルダマール。
長い間、黄金の葉は枝分かれした年に成長しました、
ここでサンダリングシーを越えている間、今はエルフの涙が落ちます。

OLórien!あまりにも長い間、私はこのヒザーショアに住んでいました
そして、色あせた王冠で黄金のエラナーが絡み合っています。
しかし、私が今歌う船の場合、どの船が私に来るでしょう、
こんなに広い海を渡って、どんな船が私を支えてくれるでしょうか?

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

なぜ、サムは言った、あなたの言うことを聞くとどういうわけか私はまるで
ストーリーはすでに書かれています。しかし、あなたは主人公の1人を除外しました。サムワイズは心が強い。 「お父さん、サムについてもっと聞きたいです。お父さん、なぜ彼らは彼の話をもっと入れなかったのですか?それが私が好きなことです、それは私を笑わせます。そして、フロドはサムがいなかったら遠くまで行かなかっただろうね、お父さん?」

さて、フロド氏はサムに言った、あなたはからかうべきではない。真面目でした。

私もそうだった、とフロドは言った、そして私もそうだ。少し速すぎます。あなたと
私、サムはまだ物語の最悪の場所で立ち往生しており、この時点で「お父さん、今すぐ本を閉じなさい。もう読みたくない」

たぶん、サムは言ったが、私はそれを言う人ではないだろう。やったことと
以上と素晴らしい物語の一部になっているのは異なります。とにかく、ゴラムでさえ、あなたが持っているよりも、物語の中で良いかもしれません。そして、彼はかつて自分のアカウントで物語が好きでした。彼は自分がヒーローだと思っているのか、それとも悪役だと思っているのだろうか?
ゴラム!彼は電話した。あなたはヒーローになりたいですか、今彼はどこに着きましたか
また?

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

しかし、それはしばしば世界の車輪を動かす行為の過程です:偉大な人の目が他の場所にある間、小さな手は彼らがしなければならないのでそれらをします。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

ピピンは、その笑い声がゲイで陽気だったので、今や自分の横にある顔を不思議に思った。しかし、魔法使いの顔には、最初はケアと悲しみの線しか見えませんでした。しかし、彼はもっと熱心に見ていると、すべての下に大きな喜びがあることに気づきました。王国を笑わせるのに十分な歓喜の泉でした。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

何も恐れない!朝まで平和を!毎晩の騒音に注意してください!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

どんなに小さな人でも未来の進路を変えることができます。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

手と心と骨を冷やして、
と寒い石の下で眠る:
石のベッドで目を覚ますことはもうありません、
決して、太陽が失敗し、月が死ぬまで。
黒い風の中で星は死ぬでしょう、
そしてまだここで金の上に彼らを寝かせてください、
ダークロードが手を上げるまで
死海と枯れた土地の上。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

骨以外のすべてを残しておけば、そこに着きます。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

彼らは賞賛されていないので、行為はそれほど勇敢ではありません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

冒険に終わりはありませんか?私はそうは思わない。他の誰かが常に物語を続けなければなりません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

彼は深呼吸をした。 「まあ、私は戻ってきた」と彼は言った。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

パーティービジネス以外の入場はできません。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

それでもメリアドックはホビットが涙を​​流しながらそこに立っていました、そして誰も彼に話しかけませんでした、確かに誰も彼に注意を払っていないようでした。彼は涙をこすり落とし、エオウィンが彼に与えた緑の盾を拾うために身をかがめ、そして彼はそれを背中に投げた。それから彼は彼が落とした彼の剣を探しました。打撃を与えたときでさえ、腕が麻痺し、今では左手しか使えなくなったからです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

ファンタジーは現実逃避者であり、それがその栄光です。兵士が敵に投獄された場合、逃げるのは彼の義務だと思いませんか?

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

しかし、最後にベレンはアングバンドの門からやってきたオオカミに殺され、ティヌビエルの腕の中で死んだ。しかし、彼女は死を選び、世界から死ぬことを選びました。そして、彼らがサンダリングシーの向こうで再び会い、しばらくして緑の森をもう一度生きて歩いた後、彼らはずっと前に、この世界の境界を越えて一緒に通り過ぎたと歌われています。ですから、エルフ族のルーシエン・ティヌヴィエルだけが実際に死んで世界を去り、彼らが最も愛していた彼女を失ったのです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

さて、私は屋外に戻って、風と空が何をしているのかを確認します!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

生きている多くの人は死に値します。そして、死ぬ人の中には命に値する人もいます。あなたは彼らにそれを与えることができますか?それなら、判断で死を処理することに熱心になりすぎないでください。非常に賢い人でさえ、すべての終わりを見ることができないからです。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

別れたので、私は火と深海を通り抜けました。自分が知っていると思っていたことをたくさん忘れてしまい、忘れていたことを改めて学びました。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

野外で彼のはっきりとした声が鳴り響きました。乗って、破滅に乗り、世界の終わり!

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

三つの指輪-空の下の王
ドワーフのための7つ-石のホールの主
死ぬ運命にある死すべき男のための9
彼の暗い王位にあるダークロードのための1つ
影が横たわるモルドールの国で

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

これまで聞いたことのあるすべての土地で、これ以上近づきたくない場所はここだけです。それが私たちが到達しようとしている1つの場所です!そして、それは私たちが得ることができないところです、とにかく。

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

本名は彼らが属するものの物語を教えてくれます

–J.R.R.による引用指輪物語、トールキン

私たちについて

映画ニュース、シリーズ、コミック、アニメ、ゲーム